設計

水上ソーラー発電設備はどのように固定されますか。
フロートをアンカーで固定します。基本的な方法は池底への係留ですが、岸係留が可能な場合もあります。現場条件(水位変動、水深、地盤など)を考慮し係留方法を決定します。

設計はどのようにすれば良いですか?
フロートアイランドの設計及びアンカー設計は基本的にシエル・テール社の責任です。一方、電気設計は電気施工会社の責任です。

フロートアイランドやアンカーの設計にはどのような情報が必要ですか?
弊社よりご提供しております現場条件の「チェックリスト」のご記入に基づき設計します。具体的な設計のためには、なるべく多くの情報をご提供願います。しかし池の位置さえわかれば仮設計の作成は可能です。アンカーの詳細な設計には、池の測量データーが必要となります。

水位が下がりアンカーケーブルが弛んだ場合、フロートアイランドの動く範囲はどれくらいですか?
水位変動は条件により10mまで対応可能です。 水位変動があっても、フロートアイランドの動きを最低限で抑えられるように設計致します。尚、アイランドの最大移動量も計算できます。

フロートの耐荷重量はどれくらいですか?
メインフロート2台、セカンドフロート3台のシステム(パネル含む)を想定した場合、システム全体では243㎏の重量にまで耐えられる設計になっています。ただし、アイランドが大きければ大きいほど浮力が上がり、耐久可能荷重も同時に上がりますので、通常のアイランドの耐重量がより大きいです。

フロートはどれくらい浸水しますか?
5㎝~8㎝程度の浸水です。