電気設備

水上に設置することによるパネルへの悪影響はありませんか?
パネルを含め、すべての電気設備について防水仕様の製品を使いますので、影響はありません(ただし、保証内容については、各メーカーにご確認願います)。むしろ、パネル・ケーブルが冷却されることにより、地上設置・屋根設置と比べて、発電量の増加も期待できます。

どのパネルが適合しますか?
発電量と関係なく、60セルの枠付き多結晶パネルならほとんどの商品に適合します。(基本的な適合サイズ:長さ最大1670㎜、幅991±3㎜、高さ最小20㎜、フレームの厚み25㎜以上、ケーブルの長さ900㎜以上、コネクタMC互換、最大重量25㎏)ご使用希望のパネルについては、必ず事前にデータシートをご提出いただき、適合確認をお願いします。

接続箱やパワーコンディショナー、変圧設備はどこで設置されますか?
接続箱はフロートにアルミプレートを固定し、その上に搭載することも可能です。パワーコンディショナーと変圧設備は岸に設置します。