グループ代表からのご挨拶

toptwo
シエル・テールで働く全員がこの太陽光発電の業界を選んだのは、ソーラーエネルギーが21世紀の主なエネルギーソリューションだと確信しているからです。

ソーラーエネルギーは今後、世界中の気象的・地政的・経済的な問題を解決するのに大いに貢献していく事を信じております。また、少ないコストで、環境に影響を与えず、まだ電気へのアクセスが不足している何億人もの人々への電気供給に寄与できると考えております。

太陽はたったの1時間で、人間が1年間消費するエネルギーを地球に与えることができます。
しかし、太陽光発電設置が農業や土地利用の障害になったり、自然環境に影響を与えるべきではありません。

そこで我々は、灌漑用貯水池、水力発電所、汚水処理施設、工業用貯水池や採石場貯水池などの自然環境に影響の少ない、人工的水面に設置可能な太陽光発電設備の開発に注力してまいりました。特に遊休地の少ない日本においては、その設置の将来性が極めて有望だと考えております。

電気は生活に不可欠な物であり、日常、不便な生活を送っている方々が安価に電気にアクセスできるように、再生可能電気のコスト競争力を高める努力を日々行っております。したがってコスト削減を弊社の重要な課題と考えております。

継続的かつ信頼性の高い、良好なパートナーシップを構築することで、様々な国において電気の安定供給に貢献していきたいと考えております。

21世紀の再生可能な電気の運用・管理は、各自治体等の規模で行われるべきと考えております。弊社の提供するサービスによって、将来的に県や市町村の各自治体がエネルギー供給の将来を担う事が出来る事が目標です。

太陽光発電における高い専門性と卓越したノウハウを活かし、また強い信念と情熱を持ってこの事業を進めております。 弊社の価値観を是非皆様に理解して頂き、良きパートナーとして太陽光発電を推進するお手伝いをさせていただければと心から希望致します。

Alexis Gaveau,
President Ciel&Terre International

ガヴォ・アレクシー
Ciel&Terre International代表取締役