JETROのHPへ弊社関連記事の掲載

『水上設置太陽光発電所の設計および架台販売等を行っているフランスの Ciel & Terre が東京都に株式会社 Ciel Terre Japan を設立した。同社は埼玉県桶川市の貯水池を活用した日本初となる水上設置太陽光発電の建設プロジェクトにおいて、水上設置の架台の納入および技術提供を行った。2013 年 7 月に稼動を開始した桶川市の水上設置太陽光発電所は、2 つのアイランドに分けられ、合計 4536枚のソーラーパネルで水面の 40%を覆っている。同プラントは 1.18MWpの発電能力(年間を通じて一般家庭約 400 世帯の消費量に相当)を有する。Ciel & Terre は 2006 年の設立以来、世界各国で55 以上の太陽光プラントを手掛けており、米国、インド、タイ等で、代理事務所もしくはエージェントを通じて活動するなど、海外展開を積極的に行っている。
HYDRELIO 技術による太陽光発電 Ciel Terre Japan の強みとして、同社が特許を取得 している HYDRELIO 技術が挙げられる。同社が開発 したフローティングユニットに太陽光パネルをセットすることで、水上での発電が可能だ。フローティングユニット同士はピンで連結することで組み立てられ、容易かつ短 期間で施工できる。実際、桶川市のプロジェクトにおいては 3 週間という短い期間で設置が完了した。また、 部品の全てがリサイクル可能な素材で製造されているため、自然環境への影響が少ない。 太陽光プラントを水上設置することで、太陽光が水 面に直接当たらななることによる水の蒸発防止にも 期待できる。加えて、発電効率が悪くなる暑い日でも、 パネルとケーブルの温度が水により低下するため、発電 効率維持に効果がある。 同社の技術について、株式会社 Ciel Terre Japan のインターナショナル・ビジネス・マネージャーであるポリー・エヴァ氏は、「HYDRELIO 技術には多くの強みがある。灌漑施設に関して言えば、元々の機能を有したまま発電することが可能であり、農業等と競合することはない」と語る。』

出典:
http://www.jetro.go.jp/invest/newsroom/press/2014/20140901428.html
(英語版:http://www.jetro.go.jp/en/invest/newsroom/announcements/2014/20140901159.html