プレスリリース【東京センチュリーリース株式会社、シエル・テールの株式を取得】

平成27年12月15日、東京センチュリーリース株式会社は水上太陽光発電の世界的パイオニアであるシエル・テール・インターナショナルから、シエル・テールの普通株式15%の取得を発表いたしました。

http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1311192&code=8439&ln=ja&disp=simple

 

「1. 本株式取得の目的
東京センチュリーリースは、京セラ株式会社(本社:京都府京都市、以下「京セラ」)と共同で設立した京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)において、2014年8月より、シエル・テールの水上架台(水上に太陽電池モジュールを設置するための浮体構造物「Hydrelio©」、以下「フロート」)の提供を受け、水上太陽光発電事業への取り組みを開始いたしました。これまでに兵庫県加東市の西平池、東平池および兵庫県加西市の逆池の3か所において、合計約5.2MWの水上設置型メガソーラー発電所を稼働させ、現在千葉県山倉ダムにおける水上設置型では世界最大級となる約13.7MWのメガソーラー発電所の開発も進めています。
全国各地で太陽光発電の導入が次々と進みメガソーラー発電所の適地が減少、さらに電力固定価格買取制度(FIT)の買取価格引き下げに伴い、陸上太陽光発電事業の開発はピークアウトが予想される一方、年間を通じて降水量の変化が大きい日本では、農業用ため池、河川増水時の調整池など全国に多くの池があり、これらを有効活用する水上太陽光発電事業は未だ黎明期であり、水冷効果により発電効率が向上すると言われていることなどから、今後も成長が期待できます。
また、シエル・テールのフロートは同社が開発し特許を有しており、日本国内のみならず、フランス、イギリス、タイ、韓国など、世界各国において豊富な稼働実績があります。今後、東京センチュリーリースが京セラと共同で太陽光発電事業のグローバル展開を検討していくにあたり、水上太陽光発電におけるシエル・テールの技術面・実績面に基づく優位性は不可欠であり、本件株式取得を通じ、パートナーシップを更に強化することといたしました。
東京センチュリーリースとシエル・テールは、太陽光発電事業を通じ、再生可能エネルギーの普及を促進するとともに、地球環境保全ならびに循環型社会の形成に貢献してまいります。」