プレスリリース 「阿波市 別埜池 水上太陽光発電所 竣工のお知らせ」

~阿波市様への再生エネルギー事業貢献を目指す~

 

弊社は設立以降、国際特許である水上太陽光フロートを基軸に水上太陽光発電事業を推進致し、累計98MW(2017年6月時点)の事業化実績をあげ、今年度は70MWの新規受注を見込んでおります。また弊社はフロート設計・販売のエンジニアリング事業に加え、自社水上太陽光発電所の開発事業にも注力しており、今般、徳島県様での3件目の自社案件である徳島県阿波市・別埜池水上太陽光発電所竣工の運びとなりました。

今回の弊社グループ発電所の意義は、地域の皆様に喜んで頂ける設備=「コミュ二テイ・ソーラー」、そして阿波市様への再生エネルギー事業施策貢献を目指すことであります。固定価格買取制度(FIT)の見直しの中、土木造成による森林破壊を伴わない水上太陽光発電の重要性は高まっており、フランスの発電技術を活かし電力地産地消を図っていきたいと考えております。

別埜池・水上太陽光発電所の建設にあたりましては、徳島県、阿波市、阿波東部土地改良区、四国電力、四国電気保安協会、四国経産局の皆様にご支援を頂き、改めまして御礼申し上げます。

  • 竣工式開催日:8月上旬を予定
  • 住所:阿波市阿波町字山王1-1他 別埜池 横
  • 名称:別埜池水上太陽光発電所、出力1,426kW(年間Co2削減2,790トン、約360所帯の電力使用量)
  • 発電開始2017年6月27日

問合せ先:株式会社シエル・テール・ジャパン事業開発部 池下(03-6264-4564)

以上

プレスリリースのPDFへ