2017年10月4日、日本経済新聞に弊社関連記事が掲載されました。

仏シエル・テール、香川で水上太陽光発電keizai shinbun 10-4

フランスの太陽光発電設備大手、シエル・テールグループの日本法人、シエル・テール・ジャパン(東京・中央)は高松市内の農業用ため池で水上にパネルを設置した太陽光発電所(メガソーラー)の運営を年内に始める。四国では徳島県阿波市の4カ所で同様の発電所を直営しており、香川県内でもこれを第1弾として開拓を狙う。

高松市香川町にある2つの池で12月の稼働を目指して3日起工式を開いた。水上にフロートと呼ばれる自社製の架台を使って各6200枚のパネルを並べる。最大出力はいずれも1980キロワットで年間に各500世帯分の電力消費量に当たる発電量を見込む。全量を四国電力に売電する。設備投資額は各約5億円。

シエル・テールは水上太陽光発電システムをいち早く手掛け、2013年に日本法人を設立。国内でも各地のため池などで設備の利用が広がる。直営発電所も16年秋に阿波市で初めて開設し、拡大を目指している。製品拡販に向けた施工例としても生かす。

ため池は太陽光が遮られず整地や除草が要らないほか、パネルが冷やされて発電効率が高いとされ、太陽光発電所の設置場所として注目を集めている。四国でもため池が多い香川県を中心に国内企業が水上発電所を整備する動きが相次ぐ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

記事へのリンク > https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21842730T01C17A0LA0000/