2018年3月28日、日経オンラインに弊社関連記事が掲載されました。

両面ガラスの水上メガソーラー、いちごが笠岡市で稼働

いちごは、岡山県笠岡市の農業用ため池に出力約2.64MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご笠岡岩野池ECO発電所」を建設し、2018年3月20日から発電を開始した。水上メガソーラーは、同社では初めてという。両面ガラス型パネルを採用した。岩野池

笠岡市が所有する農業用ため池「岩野池」の水面5万9906平方メートルを賃借し、太陽光パネル8800枚を設置した。年間発電量は約319万7000kWhを見込み、これは一般家庭約880世帯分に相当する。売電単価は24円/kWh。

太陽光パネルは中国トリナ・ソーラー製の両面ガラス型を採用した。裏面に樹脂製のバックシートを使う通常タイプに比べ、両面とも無機材料のため、長期的な信頼性が高まる利点がある。

パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製、フロート架台はフランス系のシエル・テール・ジャパン製を採用した。EPC(設計・調達・施工)はJFEプラントエンジが担当した。

同社グループが運営する累計発電所数と発電容量は、3月20日現在で38カ所、110.26MWとなる。』

(ライター 工藤宗介、日経BP総研 クリーンテック研究所 金子憲治)

[日経 xTECH 2018年3月27日掲載]

 

リンク:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28675970Y8A320C1000000/

 

その他の記事:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1804/05/news079.html