弊社シエル・テールがマクロン大統領来日記念討論会「Tech for Good」に参加しました

2019年6月27日、シエル・テールグループ会長ベルナール・プルヴォならびにシエル・テール・ジャパン代表森一がフランスのエマニュエル・マクロン大統領来日記念討論会「Tech for good」に参加しました。

 

Tech4Good - Partenariats

(画像出典:在日フランス大使館)

関連記事(フランス語サイト、ページ下部に日本語表記あり)https://www.tresor.economie.gouv.fr/Articles/2019/06/27/visite-au-japon-du-president-de-la-republique-la-relation-economique-franco-japonaise-a-l-honneur

上記サイトより抜粋

Tech4Good – フランス共和国大統領来日にあわせ賞賛された日仏経済協力関係

2019年6月26日・27日の東京訪問の際に、フランス共和国大統領は日本の経済界との対話と、豊かな日仏企業関係に敬意を表する機会を持つことを希望しました。

『Tech4Good-共通財産としてのイノベーション』と題された討論会において、大統領は、東京の日本科学未来館に集まってくださった600人の方々を前に、G7議長国としてのフランスの優先事項を、環境と気候、デジタルの挑戦、格差問題との闘いという3つの観点から紹介しました。 これらのテーマに関して、日本企業の代表者よりグリーンファイナンスのヴィジョン、プラスティックごみ削減の為のイノベーション、人間のための人工知能などについて発表がなされ、大統領は意見交換をしました。

また、ブリュノ・ル・メール経済・財務大臣が、参加した日本企業や投資家に対し、フランスが海外投資先としてヨーロッパでもっとも魅力のある国となることを強調し、最近、エコロジー移行やイノベーション分野で進んでいる20ほどの日仏企業間の協力関係に言及し歓迎しました。これらの協力関係は日仏両国の経済関係の豊かさと勢いを証明する物であり、特別なパートナーシップのロードマップ(2019年-2023年)にとって必要不可欠な要素です。』