JPEA太陽光発電協会 ー 光発電 に弊社 森代表の記事が掲載されました

水上太陽光発電市場は「無限大」
株式会社シエル・テール・ジャパン 代表取締役社長 森 一

 

光発電1 光発電2 光発電3 光発電4 光発電5 光発電6

 

(はじめに)世界初への挑戦
日本で始まった水上太陽光発電、日本にはため池や調整池、そして湖沼、干潟、ダムが多数あるほか国土の周囲は海で囲まれている。水上太陽光発電太陽光発電は無限の可能性を秘めておりマーケットは無限大と言えよう。

1.水上太陽光発電の仕組み
1.1 シエル・テール・ジャパンのフロート式水上太陽光発電システム
1.2 シエル・テールのフロート式水上太陽光発電のしくみ
2.水上太陽光発電の利点、経済性
2.1 水上太陽光の利点
①長期的な創エネルギーを可能にする。
②新たな財源確保:使用されていない水上スペースで収益の望める発電設備を運用できる。
③環境負荷低減:造成工事による森林伐採や地盤改良の必要がなく環境負荷を低減する。
④多様な場所に導入可能:農業用ため池、遊水地、工業用水池、貯水池、湖など様々な場所に導入可能である。
⑤水面の冷却効果により、太陽光発電パネルの温度上昇を抑えることで、高効率な発電が望める。
⑥フロートで水面を覆うことで、光を遮断し水の蒸発や藻の発生を抑制する。
⑦ローメンテナンスで日照を確保:野建て設置に比べ、周辺植物の生長などによる日照への影響が少なく、(アイランド下は)草刈りなどのメンテナンスが不要である。
2.2 水上太陽光発電の経済性
①土地造成費用が少ない
②森林伐採が少ない
③売買金額の増加
④撤去が容易
3.水上太陽光発電所の設置事例
3.1 ハイドレリオの納入実績
日本での水上太陽光発電事業者・EPC会社へのハイドレリオの設計と提供は、2019年2月累計約130MWの供給を達成。
3.2 シエル・テール自社案件発電所
4.今後の展望
(結び):競争から共創へ
水上太陽光発電は水を大切にする地域の皆様、地方自治体、官公庁、日本企業、フランス企業の連携が生む新たなビジネスモデル。この日本初の水上太陽光発電に皆様の強みを生かして新たなビジネスモデルに「共創」しませんか?

 

2019年5月14日、日経XTECH誌に弊社関連記事が掲載されました。

兵庫と三重でシエル・テールが水上太陽光を稼働、売電単価21円も

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/051412193/

 

太陽光パネルを水上に浮かべる部材であるフロートの大手、フランスのシエル・テール・インターナショナルの日本法人、シエル・テール・ジャパン(東京都中央区)は、兵庫県と三重県において、3カ所の池の水上を使った太陽光発電所の売電を開始した。

いずれも、発電事業者は同社の子会社である「水田湖二」となり、フロートは自社製を採用している。

兵庫県では、加西市において、2カ所の水上太陽光発電所が稼働した。

このうち、最も規模が大きいのは、加西市笹倉町にある「逆上池」と「逆下池」の水上を活用した「逆上池・逆下池水上太陽光発電所」で、太陽光パネル出力1.258MW、パワーコンディショナー(PCS)出力1.080MWとなる。

2018年12月に売電を開始した。年間発電量は、118万305kWhを見込んでいる。固定価格買取制度(FIT)における売電単価は、21円/kWh(税抜き:以下同じ)で、関西電力に売電している。

施工の担当企業は非公開とし、太陽光パネルは中国のAKCOM製、PCSは中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)製を採用した。

同じ加西市において、別所町にある「別所皿池」でも、太陽光パネル出力540kW、PCS出力400kWの「別所皿池水上太陽光発電所」が稼働した。

2018年1月に売電を開始していた。年間発電量は、51万300kWhを見込んでいる。売電単価は24円/kWhで、関西電力に売電している。

施工会社は非公開とし、太陽光パネルはアンフィニ製、PCSは華為技術製を採用した。

また、三重県菰野町にある「酒屋溜池」でも、太陽光パネル出力636kW、PCS出力500kWの「酒屋溜池水上太陽光発電所」が売電を開始した。

2019年3月に稼働した。年間発電量は、60万1020kWhを見込んでいる。売電単価は24円/kWhで、中部電力に売電している。

設計・調達はシエル・テール・ジャパン、施工はスーパーツールECO(大阪府堺市)が担当した。スーパーツールECOは、シエル・テール・ジャパンの水上型太陽光発電所の施工を多く手掛けている。

太陽光パネルは中国のLONGi Solar Technology製、PCSはドイツのSMAソーラーテクノロジー製を採用した。

 

引用元:日経XTECH
著:加藤 伸一 = 日経BP総研 クリーンテックラボ

2019年4月18日、新エネルギー新報に弊社関連記事が掲載されました。

シエル・テール、3カ所・2,431kWの水上太陽光発電所が竣工
南あわじ市では、1,308kWの発電所新設へ

訂正後の記事データです_3案件の連系と比久尼池の起工式_新エネルギー新報

 

シエル・テール・ジャパンは、三重県と兵庫県で、3カ所・パネル合計出力2,431kWの水上太陽光発電所を竣工した。いずれも自社所有の発電所として運営を行うサイトで、自社で製造・販売するパネル水上設置用の架台(フロート)を活用して整備された。発電した電力は固定価格買取制度に基づき電力会社へ売電する。

各地で竣工した発電所のうち、三重県では「酒屋溜池水上太陽光発電所」を竣工した。発電所の設置場所は三重県三重郡菰野町大字田口新田294-1他に所在する溜池の水面を借り受け建設され、パネル出力は633kW、パワーコンディショナー出力では500kWとなっている。パネルはロンジー・ソーラー製、パワコンはSMA製を採用し、スーパーツールエコが施工を担当した。売電価格は24円/kWh。

また兵庫県では、加西市で2カ所の水上太陽光発電所を竣工した。このうち加西市別所町・設置住所:兵庫県加西市別所町字方坂559-1では、地元地権者の所有するため池の水面で「別所皿池水上太陽光発電所」が完成した。パネル出力540kWでパワコン出力は400kW。パネルはアンフィニ製、パワコンはファーウェイ製で、EPC業者は非公表。売電価格は24円/kWh。

一方で、兵庫県加西市笹倉町字サカサマノ西819-1他では地元地権者より借り受けた溜池水面で、「逆上池・下池水上太陽光発電所」を整備した。パネル出力1,258kWでパワコン出力は1,080kW。中国のAKCOM製のパネルとファーウェイ製のパワコンを採用した・EPC業者は非公表。発電した電力の売電価格は21円/kWh。

さらにシエル・テール・ジャパンは、兵庫県南あわじ市では水上太陽光発電を新設する。パネル出力1,308kWの「比久尼水上太陽光発電所」で、4月19日に起工式を実施し、2019年9月の売電開始を目指す。発電所の設置場所は、南あわじ市伊加利字比久尼976で、市が所有する池の水面にパネルを設置する。パワコン出力1,050kWの発電所で、発電した電力は関西電力へ18円/kWhの価格で売電する(価格はいづれも税抜き)。パネルは、サンテックパワー製、パワコンはSMA製を採用する。同発電所は、シエル・テール・ジャパンの自社発電所として16カ所目のプロジェクトとなる。

 

プレスリリース「三重県三重郡菰野町 酒屋溜池 水上太陽光発電所連系のお知らせ」

三重県三重郡菰野町 酒屋溜池 水上太陽光発電所 竣工のお知らせ

~三重県にて 2番目の自社発電所案件~

弊社は、水上太陽光発電のパイオニア企業としてフロート設計・販売のエンジニアリング事業、自社水上太陽光発電所開発に注力し累計162MW(2019年2月時点)の事業化実績をあげております。
今般、三重県様で2件目の水上太陽光発電案件の竣工に至りましたのでご案内申し上げます。
またこれで弊社の自社水上太陽光発電所は15件が売電開始済となります。

弊社は自社発電所を通じ、電力地産地消、地域の再生エネルギー事業施策への貢献を目指しており、更に地方創生につながる事業展開を進めて参ります。

 

〇三重県 <酒屋溜池水上太陽光発電所>(さかやためいけ)
・事業主:水田湖二株式会社(代表取締役・森 一)(すいでんみずうみにかぶしきかいしゃ)
・設置住所:三重県三重郡菰野町大字田口新田294-1 他(こものちょう)
地元地権者様より土地賃貸

【設備情報】
・フロート:株式会社シエル・テール・ジャパン(代表取締役・森 一)
・パネル:LONGI 633kW
・パワコン:SMA 500kW
・工事:株式会社スーパーツールエコ
・売電開始:2019年3月、中部電力様に売電(FIT24円)

DCIM100MEDIADJI_0043.JPG

DCIM100MEDIADJI_0053.JPG

問合せ先:株式会社シエル・テール・ジャパン

2019年1月9日、日経XTECH誌に弊社関連記事が掲載されました。

天理市で3件の水上太陽光が稼働、合計1.7MW

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/010911855/

 

水上太陽光フロート架台大手の仏Ciel&Terre Groupの日本法人であるシエル・テール・ジャパン(東京都中央区)は、奈良県天理市の水上太陽光発電所3件を建設し、2018年12月までに順次売電を開始した。2019年1月末に竣工式を執り行う予定。

「檜垣新池水上太陽光発電所」は、太陽光パネル容量が497kW、パワーコンディショナー(PCS)出力が425kW。年間CO2削減量は237tで、約100世帯分の電力使用量に相当する。2018年11月に連系開始した。

「武蔵古池太陽光発電所」は、パネル容量が808kW、PCS出力が660kW。年間CO2削減量は385tで、約170世帯分の電力使用量に相当する。2018年12月に連系開始した。

「武蔵新池太陽光発電所」は、パネル容量が503kW、PCS出力が449kW。年間CO2削減量は240tで、約100世帯分の電力使用量に相当する。2018年12月に連系開始した。

いずれも天理市から土地賃借を受けた。太陽光パネルは中国LONGI Solar製、PCSは独SMAソーラーテクノロジー製を採用。設計はシエル・テール・ジャパンが自社で行い、施工発注および事業主は同社子会社の水田湖二(東京都中央区)。発電した電力は関西電力に売電する。固定価格買取制度(FIT)による売電単価は24円/kWh。

シエル・テール・ジャパンは、2018年12月時点で累計162MWの水上太陽光発電の事業化実績を持つ。また、フロート設計・販売のエンジニアリング事業に加えて、水上太陽光発電所の自社開発も行っており、今回の3件を含む14件で売電を開始している。

 

引用元:日経XTECH
著:工藤宗介=技術ライター、 クリーンテックラボ

 

 

2018年11月21日、日経BP メガソーラービジネスに弊社関連記事が掲載されました。

シエル・テール、高松市に2件の水上メガソーラー、売電単価24円

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/112111712/?ST=msb

 

水上太陽光フロート架台大手の仏Ciel&Terre Groupの日本法人であるシエル・テール・ジャパン(東京都中央区)は、高松市に水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「渡池水上太陽光発電所」「市宮池水上太陽光発電所」を建設し、11月16日に合同竣工式を開催した。合計出力は、4.4MWとなる。

両発電所とも、農業用ため池の上に太陽光パネルを設置した。発電事業者は、これまでのシエル・テール・ジャパンの水上型太陽光発電所と同じように、同社の子会社である「水田湖一」となる。固定価格買取制度(FIT)による売電単価は24円/kWh。

太陽光パネルは、中国ジンコソーラーホールディング製の72セル・出力345W/枚の製品を採用した。72セルの太陽光パネルを使った水上型太陽光発電所は、国内初としている。パワーコンディショナー(PCS)は、スペインのパワーエレクトロニクス製を採用した。自社調達で設置工事は分離発注した。

「渡池水上太陽光発電所」は、設置容量が2.2MW、連系出力が1.98MW。約550世帯分の電力使用量に相当し、年間CO2削減量は1217tを見込む。設置工事は主にTOKS(大阪市)が担当した。売電開始は6月7日。

「市宮池水上太陽光発電所」は、設置容量が2.2MW、連系出力が1.98MW。約500世帯分の電力使用量に相当し、年間CO2削減量は1150tの見込み。設置工事は主にスーパーツールECO(大阪府堺市)、土木はTOKSが担当した。売電開始は8月8日。

シエル・テール・ジャパンは、水上太陽光フロート架台を軸に水上太陽光発電事業を推進しており、2018年10月時点で累計151MWの事業化実績を持つ。フロート設計・販売のエンジニアリング事業のほか、自社水上太陽光発電所の開発事業にも取り組んでおり、「渡池」は8件目、「市宮池」は10件目の自社案件となる。

 

引用元:日経BP メガソーラービジネス
著:工藤宗介=技術ライター、加藤伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ

2018年11月17日、四国新聞に弊社関連記事が掲載されました。

 

高松2案件の竣工式WEBニュース用新聞記事_サイズ加工

水上メガソーラー完成

高松のため池2ヵ所に

仏企業が県内初

 

水上太陽光プロジェクトを手掛けるフランス企業シエル・テールの日本法人(東京)が高松市香川町のため池に整備を進めていた出力2メガワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)2ヵ所が完成し、16日に竣工式が行われた。同社は水上太陽光発電向けの発電フロートを国内各地に供給しており、県内への進出は今回が初めて。

政府が成長戦略に掲げる対日直接投資促進の一環として、日本貿易振興機構(ジェトロ)は2013年以降、日本法人「シエル・テール・ジャパン」の設立や事業拡大の支援を実施。同社による国内での水上太陽光発電所は、香川の2ヵ所を含め10ヵ所となった。

今回、メガソーラーを整備したのは同町の渡池と市宮池。フロートに取り付けた太陽光パネル各1万2千枚を水上に敷き詰め、それぞれ6月と8月から稼働を始めた。ともに一般家庭約550世帯分に当たる発電を見込み、四国電力に売電する。市と地元の土地改良区から20年間のため池の貸与を受けて事業を行う。

竣工式は渡池の近くであり、同法人の森一社長は「ため池の多い香川で念願の事業を始められた。皆さんに愛された池から、安心安全でクリーンなエネルギーをつくっていきたい」とあいさつ。同町浅野土地改良区の上原勉理事長は「再生可能エネルギーの利用は世界的な潮流で、次の世代につなげていきたい」と話した。

引用:2018年11月17日(土) 四国新聞 経済 6面より

 

香川県高松市 渡池・市宮池 水上太陽光発電所 竣工式典のご案内

行事名:渡池・市宮池太陽光発電所 合同竣工式
日時:2018年11月16日(金曜)13時~14時 受付開始 12時30分
式典場所:香川県高松市香川町浅野字杉野端1524(高松市池ノ上1503:渡池の横)

 

 

弊社は設立以降、水上太陽光フロートを基軸に水上太陽光発電事業を推進致し、累計151MW(2018年10月時点)の事業化実績をあげております。弊社はフロート設計・販売のエンジニアリング事業に加え、自社水上太陽光発電所の開発事業にも注力しており、今般、8件目の自社案件である香川県高松市・渡池水上太陽光発電所、10件目となる香川県高松市・市宮池水上太陽光発電所の竣工を致すこととなりました。

弊社は自社発電所を通じ、電力地産地消、地域の再生エネルギー事業施策への貢献を目指しております。今般の渡池・市宮池水上太陽光発電所の竣工を機に更に地域創生につながる事業展開の所存です。

 
設備名称:渡池水上太陽光発電所
所在地:香川県高松市香川町浅野字池ノ上1503
連系出力:1,980kW
(年間Co2削減1,217トン、約550所帯の電力使用量)
売電開始日:2018年6月7日

watashi ike logo

 

 

設備名称:市宮池水上太陽光発電所
所在地:香川県高松市香川町浅野字渚1456-1
連系出力:1,980kW
(年間Co2削減1,150トン、約500所帯の電力使用量)
売電開始日:2018年8月8日

DCIM102MEDIADJI_0001.JPG

DCIM102MEDIADJI_0011.JPG

 

問合せ先:株式会社シエル・テール・ジャパン事業開発部 (03-6264-4564)

 

2018年12月5日水上太陽光セミナーにて講演を行います

弊社、森一代表取締役社長が株式会社スマートエナジー主催のセミナー

「水上式太陽光発電設備の対策と展望」にて講演します。

 

開催日時:2018年12月5日(水)9:30~11:45(開場9:15)

会場:中央区立環境情報センター【研修室1・2】 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン6階 

参加費:無料                     

定員:50名(先着順、但しお申込者多数の場合、1企業様2名までとさせていただきます)

 

詳細はこちらをご覧ください。

セミナー案内詳細

お申し込みはスマートエナジー社のウェブサイトより可能です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

https://www.smart-energy.jp/seminar_info/2365/

 

2018年10月5日、ソーラージャーナルに弊社関連記事が掲載されました。

https://solarjournal.jp/solarpower/26122/

太陽光発電市場は「水上」に注目! 日本での発展に大きな期待

近年、少しずつ注目されている水上太陽光発電。実際にフロートモジュールシステムを手がけるメーカーは、市場にどのような期待を寄せているのか? シエル・テール・ジャパン代表・森氏に見解を伺った。

水上太陽光発電の市場は
競争より「共創」を

当社は2013年4月、水上太陽光発電のフロートモジュールシステム「Hydrelio(ハイドレリオ)システム」を手がけるフランスのシエル・テールの日本法人として設立されました。2011年3月の東日本大震災の後、フランス本社内で生まれた「日本で再生可能エネルギーを根付かせることが、復興支援につながる」との想いが、日本進出につながりました。

2013年7月には、埼玉県の水上太陽光発電プロジェクトが、ハイドレリオを初採用。この案件は、実証実験レベルを除けば、世界初の水上太陽光発電所となりました。2018年7月現在、ハイドレリオを使った日本国内の水上太陽光発電所の出力合計は136 MWpにまで達しています。

日本には、ため池や湖沼、干潟、ダムが多数あるほか、国土の周囲が海で囲まれています。市場としてのポテンシャルは無限大であり、今後もますます水上太陽光発電所が増えることでしょう。

政府は、太陽光を含む再生可能エネルギーを主力電源化する方針を打ち出しました。これからの太陽光発電業界は、個々の会社が市場を奪い合う「競争」ではなく、ともに新たな価値を生み出す「共創」にかじを切り、水上太陽光発電を含む再生可能エネルギーのさらなる普及に注力すべきではないでしょうか。

 

プロフィール

株式会社シエル・テール・ジャパン
代表取締役社長

森 一氏

 

『引用:SOLAR JOURNAL(ソーラージャーナル)』

https://solarjournal.jp/