2018年4月20日、日経オンラインに弊社関連記事が掲載されました。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/042011030/

オランダの貯水池で水上メガソーラー、ハンファがパネル供給

ハンファQセルズは4月5日、オランダ中心部リンゲヴァールトの貯水池に建設される出力1.85MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けに太陽光パネルを供給すると発表した。4月16日に着工し、5月中旬に完工する予定。

約1万5800m2の水面に6100枚以上の太陽光パネルを設置する。採用されたのは、単結晶シリコン型の「Q.PEAK-G4.1 300 Wp」。パワーコンディショナー(PCS)とオプティマイザーは米SolarEdge製、フロート架台はフランスのシエル・テール製を採用した。

年間発電量は1.7575MWhを見込み、同国内の一般家庭382世帯分に相当する。

事業主体は、地域の再生可能エネルギー促進を目指す自治体協同組合「Lingewaard Energie」に属するプロジェクト会社であるDrijvend Zonnepark Lingewaard。施工は、太陽光発電システム施工業者であるTenten Solar Zonnepanelenが担当し、同国の補助金制度「SDE+」スキームを活用する。

オランダは広大な淡水域を持つ一方で、太陽光発電システムを設置する陸地面積が限られ、土地費用も割高になる。今回のプロジェクトは、同国初の大規模な商用水上メガソーラーとなり、今後開発される水上設置型プロジェクトのモデルと期待されるという。』

 

2018年4月11日、日経オンラインに弊社関連記事が掲載されました。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/041110991/

『台湾の水上メガソーラーに出資、東京センチュリーなど

東京センチュリーと仏シエル・テールグループの台湾現地法人CIEL ET TERRE TAIWAN、九電工(福岡市)、九電みらいエナジー(福岡市)は4月9日、台湾で水上太陽光発電事業を行う特定目的会社(SPC)に出資すると発表した。

台南市が保有する調整池の水面約5万m2にシエル・テールグループのフロート技術を採用した水上太陽光発電所を2カ所設置する。太陽光パネルおよびパワーコンディショナー(PCS)のメーカーは非公表。

4月に運転開始する「樹谷(スグ)第2発電所」への出資に合意し、9月に完工予定の「樹谷第1発電所」についても検討する。出資比率は東京センチュリーが60%、CIEL ET TERRE TAIWANが20%、九電工と九電みらいエナジーが各10%。出資金額は非公表。

樹谷第2発電所は、最大出力が約1.1MW。年間発電量は約140万kWhの見込みで、一般家庭約400世帯に相当する。事業会社はCHAOHUI ENERGY。また、樹谷第1発電所は、最大出力が約4.0MW。年間発電量は約500万kWhの見込みで、一般家庭約1400世帯分に相当する。事業会社はAIBISHI ENERGY。

台湾では、2010年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を導入した。太陽光や風力などの再エネの導入拡大により、自給率向上を目指す。2025年までに全電源の25%(25GW相当)を再エネ由来とする目標を掲げている。

東京センチュリーは現在、日本全国で79カ所・合計約312MWの太陽光発電所を保有・運営する。このうち7カ所の水上設置型発電所はシエル・テールグループとの共同開発で、3月には日本国内で最大となる約13.7MWの「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」を稼働開始した(関連記事)。』

本件についてのその他の記事:

 

>シエルテール台湾によるプレスリリース<

 

 

2018年3月28日、日経オンラインに弊社関連記事が掲載されました。

両面ガラスの水上メガソーラー、いちごが笠岡市で稼働

いちごは、岡山県笠岡市の農業用ため池に出力約2.64MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご笠岡岩野池ECO発電所」を建設し、2018年3月20日から発電を開始した。水上メガソーラーは、同社では初めてという。両面ガラス型パネルを採用した。岩野池

笠岡市が所有する農業用ため池「岩野池」の水面5万9906平方メートルを賃借し、太陽光パネル8800枚を設置した。年間発電量は約319万7000kWhを見込み、これは一般家庭約880世帯分に相当する。売電単価は24円/kWh。

太陽光パネルは中国トリナ・ソーラー製の両面ガラス型を採用した。裏面に樹脂製のバックシートを使う通常タイプに比べ、両面とも無機材料のため、長期的な信頼性が高まる利点がある。

パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製、フロート架台はフランス系のシエル・テール・ジャパン製を採用した。EPC(設計・調達・施工)はJFEプラントエンジが担当した。

同社グループが運営する累計発電所数と発電容量は、3月20日現在で38カ所、110.26MWとなる。』

(ライター 工藤宗介、日経BP総研 クリーンテック研究所 金子憲治)

[日経 xTECH 2018年3月27日掲載]

 

リンク:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28675970Y8A320C1000000/

 

その他の記事:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1804/05/news079.html

千葉県市原市、山倉ダム:日本最大の水上太陽光発電所が竣工

2018年3月20日に日本最大水上太陽光発電所が竣工されました。総合発電量は約13.7MW。
弊社はフロート供給の上、水上アイランドの詳細設計とアンカー詳細設計を供給しました。
今後も山倉ダムのような大規模水上太陽光事業化に向け、クリーンエネルギー供給に貢献します。

関連記事:

3月8日、環境ビジネス主催の太陽光事業勉強会に参加

2018年3月8日、環境ビジネス主催、事業構想大学院大学の勉強会に参加し、水上太陽光事業に関するプレゼンを行いました。
勉強会のテーマは:FITゼロに向け、動き始めている新市場
三つの新市場の紹介をする機会になりました。
①太陽光モジュールのリユース・リサイクル
②水上太陽光
③ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)
弊社森社長が②についてプレゼンを上げ、多くの反響を頂き、水上太陽光への関心の高さが伺えました。

プレスリリース 「三重県 津市 田野池 水上太陽光発電所 竣工式のお知らせ」

~三重県 津市 田野池 水上太陽光発電所 竣工式のお知らせ~

弊社は設立以降、水上太陽光フロートを基軸に水上太陽光発電事業を推進致し、累計132MW(2018年2月時点)の事業化実績をあげており、今後も更なる拡大を見込んでおります。

また弊社はフロート設計・販売のエンジニアリング事業に加え、自社水上太陽光発電所の開発事業にも注力しており、この度、弊社で三重県初となる田野池水上太陽光発電所を無事、竣工することが出来ました。
これは徳島県様(4件発電中)、奈良県様(発電中)の実績に続く、6件目の自社案件でありますと共に、モジュール容量2MWクラスの弊社最大規模の自社発電所となります。
弊社は自社発電所の意義を、地域の皆様に喜んで頂ける「コミュ二テイ・ソーラー」ともいうべき設備建設を通じ、将来は電力地産地消による更なる地域貢献を目指しております。
今後とも三重県様、津市様、また地元の皆様へのご貢献を目指し活動して参ります。
竣工式企画
〇行事名:田野池 水上太陽光発電所 竣工式
開催日:2018年2月22日(木)  13時30分~15時
式典住所:三重県津市芸濃町萩野字728-1 萩野区集会所

・設備名称:田野池水上太陽光発電所、出力1,980kW
住所 三重県津市芸濃町萩野字上田野3352番1 。池の御管轄:萩野区自治会様
(年間Co2削減1,352トン、約610所帯の電力使用量)発電開始2018年1月

問合せ先:株式会社シエル・テール・ジャパン事業開発部 池下(03-6264- 4564)

以上

プレスリリースのPDFへ

2018年2月20日、日経オンラインに弊社関連記事が掲載されました。

嵐山町に稼働した「自家用の水上太陽光」、アップル「再エネ100%」も追い風

電子部品・材料業界で進むサプライヤーへの「再エネ利用」の浸透』

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/302960/021900130/

 

太陽インキ製造の自家消費についてのその他の記事:

 

DCIM100MEDIADJI_0028.JPG

プレスリリース 「兵庫県加西市 別所町 皿池 水上太陽光発電所 竣工のお知らせ」

~兵庫県加西市 別所町 皿池 水上太陽光発電所 竣工のお知らせ~

 

弊社は設立以降、水上太陽光フロートを基軸に水上太陽光発電事業を推進致し、累計132MW(2018年2月時点)の事業化実績をあげており、今後も更なる拡大を見込んでおります。また弊社はフロート設計・販売のエンジニアリング事業に加え、自社水上太陽光発電所の開発事業にも注力しております。

この度、弊社で兵庫県初となる加西皿池水上太陽光発電所を無事、竣工することが出来ました。これは徳島県様(4件発電中)、奈良県様(発電中)三重県様(発電中)の実績に続く、7件目の自社案件です。

 

また、この度の発電所は、地元にご縁の深い、株式会社ノーリツ様(本社 神戸市)のご紹介による事業であり、機材手配を含む工事にあたり株式会社ノーリツ様のご支援を頂きました。弊社は自社発電所の意義を、地域の皆様に喜んで頂ける「コミュ二テイ・ソーラー」ともいうべき設備建設と位置付け、将来は電力地産地消による更なる地域貢献を目指しております。今回の竣工にあたり、地元のご縁による事業との弊社の目標にも合致するとの認識を新たにしております。

今後共、水上太陽光発電を通じ地元貢献に邁進する所存です。

 

企画内容

・設備名称:加西皿池水上太陽光発電所

PVモジュール:アンフィニジャパンソーラー270Wx2000枚=540kW

パワコン ファーウェイ40kwx10 =400kW

施工 株式会社ノーリツ

住所 兵庫県加西市別所町 。池の御管轄:別所町自治会様

(年間Co2削減257トン、約110所帯の電力使用量)発電開始2018年1月

・なお2018年2月9日 別所町公民館にて、別所町自治会様、株式会社ノーリツ様 ご列席の上、

本件の竣工式を取り行いました。

問合せ先:株式会社シエル・テール・ジャパン事業開発部 池下(03-6264-4564)

以上

 

プレスリリースのPDFへ

 

別所皿池 竣工式 1 別所皿池 竣工式 2